読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

blog.toxn

あしあと

新年だしパスワードについて考えた

あけましておめでとうございます。

2014年は人生のひとつのターニングポイントでした。 ちょっと元気無くしてたり途方に暮れてたりしましたが、今は元気にやっております。 2015年もどうぞよろしくお願いします。

年末年始とお盆くらいしか実家に帰らないわけですが、家族はみんなITに弱いのでこういうタイミングで色々面倒みてます。 そこでびっくりしたのが、パスワードに対する考え方のギャップ。 パスワードが数字4桁とか、ジョーアカウント*1を使ってたり、「最近は8文字以上入れないとダメとか言われて困るんだよな、アレは何なんだ」とか言われたり。

せめてパスワードは最低8文字にして、できれば全部別のものにしてくれ〜とか言っても「そんなの覚えられん、無理だ」と言われるので、そこまで無理しないで覚えられて、かつ使うサービスごとに異なるパスワードの作り方を伝授しました。

同じような悩みがある人がいれば参考にして頂ければ…

強いパスワード(しかも忘れにくい!)の作り方

  1. コアとなるパスワードを作る(6文字くらい)
  2. コアパスワードを補強するパスワードを作る
  3. 1と2のパスワードをつなげる

補強するパスワードの作り方がポイントで、ネタをいくつかあげておきます。 これをどう組み合わせるかはご自由に。

補強パスワードの元ネタ

補強パスワードからどう作るか

  • サービス名そのまま 例:TwitterTwitter
  • サービス名の最初2文字(何文字でもいいです) 例:Twitter → Tw
  • サービス名の最初と最後の文字 例:Twitter → Tr
  • ログイン画面URLのドット区切りの先頭文字 例:https://twitter.com/ → tc
  • ログイン画面URLの最初ドット前後 例:https://twitter.com/ → rc

3のつなげ方もいくつか工夫できそうです

  • 先頭につける
  • おしりにつける
  • 最初と最後に分ける

実際に作ってみると

  1. コアパスワードを「jibanyan(ジバニャン)14」にします→「jibanyan14」
  2. Twitterでの補強パスワードを先頭の4文字「Twit」にします→「Twit」
  3. コアパスワードと補強パスワードを2文字ずつ最初と最後に分けてつけます→「Twjibanyan14it」

こんな感じです。同じ方法でYahoo!だったら「Yajibanyan14ho」facebookなら「fajibanyan14ce」と、それなりに強いパスワードができます。

コアパスワードとルールさえ覚えておけば使うサービスが増えてもログイン画面から分かるので割とお手軽かと思います。