読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

blog.toxn

あしあと

vSphere 5.5 から 6.0にアップグレードした話

vSphere 5.5から6.0にアップグレードしたよ

環境は以下の通り

  • ESXi 5.5 x3
  • vCenter Server Virtual Appliance(vCSA) 5.5

アップグレード方法

5.5 to 6.0 はインプレースアップグレードができます。

  1. vCSAをアップグレードする
  2. ホストをアップグレードする
  3. 仮想マシンをアップグレードする

vCSAをアップグレードする

公式の手順スライドがあったので参考にしました。助かります。

featurewalkthrough.vmware.com

まずは、vCSA 6.0のインストールメディアをダウンロード。 isoファイルなんだけど、5.5までとは違ってVMイメージが入っているわけではなく、 管理クライアント側でマウントする用です。

6.0用のクライアント統合インテグレーションプラグインをインストールして、 setup用のhtmlを叩くとインストールかアップグレードか聞かれます。

その後はウィザードに従って進めていけばOK。

5.5のvCSAはシャットダウンされた状態で残るので、必要ないなら消してしまいます。

Active Directory認証していたんですが、その設定が消えているのでadministrator@vsphere.localでログインして、 管理からADのアイデンティティ追加してユーザー権限設定すればOK。

ホストをアップグレードする

こちらはVMをローテーションしながらアップグレード。 ホストをメンテナンスモードにしてからESXi 6.0のイメージをマウント。 再起動してマウントしたイメージから起動し、ESXi 5.5のインストールされているデータストアを指定すると、 アップグレードの選択肢が出てくるのでそのままアップグレード。

仮想マシンをアップグレードする

ホストのアップグレードが終わったら、仮想マシンVMware Tools、仮想ハードウェアのアップグレードします。

VMware Toolsは自動アップグレードが使えるので、VMware Toolsの期限切れ警告からポチーで完了ですね。 仮想ハードウェアの更新はしていません。

見たところ、バージョン10→11にするとCPU、メモリ、ビデオメモリ、PCIパススルー、シリアルポートが強化されるようですが、 今のところ足りているので、すぐにはアップグレードしないかなぁ。。。

vSphere 6.0 Documentation Center