読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

blog.toxn

あしあと

会社でjQuery使ったら無能上司に怒鳴られたんだがwwwww - IT速報 を読んで思ったこと

会社でjQuery使ったら無能上司に怒鳴られたんだがwwwww : IT速報

「何でこんなことも知らないの?老害なの?」と仕事しながら思ってる人はそれなりに居ると思うし、私でSIerとして働いてた頃は割とそう感じるところがありました。(昨年辞めましたが。)

なんでこうなるのかなー

  1. ホントに上司の性根が腐っているから
  2. 会社として新しいことを取り入れなくても食っていけるから
  3. 開発を「誰でもできる」ようにするために、小難しいことは排除するのが正義だから

最初のは、「それは大変ですね。心中お察しいたします。」って感じで、その次は「いい会社ですね。」って感じですね。

色々言いたかったのは、最後のだけです。 開発を「誰にでもできる」ようにしているっていうのは、極端な言い方するとそこら辺の人を連れてきて、マニュアル通りにポチポチやればできるみたいな、「決められたことを決められた手順で作る」仕組みだと思います。(規模に比例してその特徴が濃く出てくる。) 世の中の多くのITシステム屋はこのスタンスでソフトウェアを作っていると思うんですが、そういう環境で意識高く新しい技術を取り入れていくのは、一人だけでは当然無理なわけで。 「お前らのやり方は古いし非効率的だ。これくらい世の中では普通に使われてるし、分からないなら自分で勉強しろよ。俺は俺のやり方でやらせてもらう。」みたいな>>1は無責任極まりないと言われてもしょうがない罠。

かといって>>1が悪い、って終わらせるのも不幸だなとは思うので

じゃあどうすればいいの

  • 組織全体の知識の底上げを図る
  • 偉くなって、自分でルールを敷く側に行く
  • 「誰にでもできる」ための仕組みを作る側に行く
  • 別の道を行く

「誰にでもできる」の「誰にでも」が下のレベルに沿うし、常に人が入れ替わるようなところでは知識の底上げが難しいんだと思いますが、地道に頑張るしかない。 偉くなってルールを敷く側に行くのはとても時間がかかるとは思いますが、地道に頑張るしかない。

「誰にでもできる」ための仕組みを作る側というのは、Webサーバーの動作知らなくてもWebサービスが作れるみたいなフレームワーク開発をするということなんですけど、ここでどんなにイケてる技術使ってても実際に開発する人たちが直接触ることがなければ、実装は好きにできるというメリットを享受しつつ、気がつけば「何でそんなことも知らんの〜」という状況を作り出す一旦を担ってしまう諸刃の剣。でも、間違いなく自分の力はつくと思います。

地道に頑張っても状況が打開できないなら、もうそういうスタンスでやっているITシステム屋から抜けて、別の道に行くのもいいのではないでしょうか。辛い中頑張って疲れきってしまうのはやっぱりよろしくないと思います。

まとめると

「何でそんなことも~」って愚痴ってるだけだと幸せになれない。

自分だけでも幸せを求めるなら別の道を探したほうがいい。

今の状況を変える気があるなら、草の根的に情報共有とかして頑張るか、偉くなって上から組織を変えるか。どちらにしても時間と根気( 胆 力 )が必要。

胆力なかったら自分だけでも幸せになったほうがいいと思う。

僕は今のところ幸せです。