読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

blog.toxn

あしあと

vRealize Operations Managerを導入した話

vmware

vSphere 5.5から6.0にアップグレードをしたんですが、 ついでにvRealize Operations Manager(旧:vCOM)を導入しました。

導入する理由

vCenterでアラートメールを飛ばしたいんですけど、 vCenterはメール送信時の認証に対応していないという仕様があります。 私が使っているメールサーバーは認証必須なので、vCenterではメールアラートが飛ばせない。困る。 なんと、vCOMだとその辺も対応してるんですね。これはvCOM入れなければ!!!vmware狙ってやってるでしょコレ)

導入方法

.ovaファイルが公開されているので、myVMwareからダウンロードします。 中身はvAppでVMが2台(分析用、UI用)で、このvAppをvCenterからデプロイします。

クラスタ組んでる環境にデプロイしようとするとDRSを有効にしていないとダメって怒られるんですけど、 ライセンス上DRS使えないEssentialsやStandaloneでもデプロイできます。下記参照。

kb.vmware.com

  1. vAppをデプロイするホストを1台選んでメンテナンスモードにし、クラスタから除外する
  2. メンテナンスモードをそのホストにデプロイする。(vAppとしては展開されない)このときVM2台に対して静的IPを付与する
  3. VM2台を起動する
  4. ホストをクラスタに戻す

vCenterがAD連携していたのですが、ログインもADアカウントでいけました。

注意

このVM2台でけっこうリソース食うんですね。↓にもありますが、HDDも2台で約350GBくらい。 リソース分析も必要だとは思うんですが、正直ここまでのHWサイジングしてなかったので苦しい。。。

VMware KB: vRealize Operations Manager 6.0 Sizing Guidelines